ベランダの片づけが大変だった神奈川の大規模修繕

購入したマンションが10年経過し大規模修繕工事が

購入したマンションが10年経過し大規模修繕工事がベランダの片づけは大変だったが他は大きな問題無し工事中の生活にも慣れうろたえることは無し

住宅購入を検討していた時に、神奈川で新築マンションが販売されたので購入しました。
駅まで徒歩で行くことも出来ますし、バスの本数も多いので即決でした。
部屋は4LDKで間取りも十分でしたし、日当たりも良く、家族全員が気に入ったマンションです。
新築なので自室以外のあらゆる場所も綺麗で満足でした。
けれど最初は新築でも、年月が経過すると古くなっていってしまうのは当然のことです。
自室も新築同時の綺麗さは無くなっていきますし、マンション全体も同じことが言えます。
購入して10年ほど経過したころになると、近いうちに大規模修繕が行われるというお知らせが頻繁にくるようになりました。
その時は特に何も感じてはいませんでしたが、翌年大規模修繕が行われることになり、お知らせの紙が配られたり、説明会が行われるようになりました。
居住しているマンションは150戸の大規模なものなので、修繕にも約5か月かかるということでした。
そんなに期間がかかるのかと驚きましたが、規模の大きいマンションなので仕方がないものかと思いました。
そして修繕期間以上に驚いたのが、ベランダに置いてあるものを撤去しなければいけないということです。
居住して10年以上にもなると鉢植えもおいていますし、ベランダ自体が物置のような状態になっていて、色々なものを置いていました。